• 本「カフェを100年、続けるために」 田口護 箸に紹介頂いています。
        

2011年05月14日

素敵なチャリティーコンサートが茨木で開催されます。


急遽 来日決定!
 タイトル東日本大震災 チャリティ・コンサート
クリストフ・ルセ チェンバロ・リサイタル
会 期201163日(金)1900開演[1830開場]
 会 場茨木市クリエイトセンター・センターホール(567-0888 大阪府茨木市駅前4-7-50 Tel. 072-625-3055) 
主催者アトリエ マーク・デュコルネ/オワゾリール会 
後 援 フランス大使館, 東京日仏学院茨木市商工会議所、茨木市観光協会、茨木市音楽芸術協会、茨木青年会議所
 協 力() 茨木市文化振興財団 
出演者クリストフ・ルセ - クラヴサン奏者、指揮者(レ・タラン・リリク主宰)*出演者経歴 添付資料参照 
プログラムルイ・クープラン(c.1626-1661) 組曲 二短調、組曲 ハ短調フランソワ・クープラン(1668-1733) <クラヴサン曲集> 第3巻 第17オルドル、第2巻 第8オルドル *演奏時間 約1時間30 その他使用楽器:M.デュコルネ,1995(J.リュッカース アントワープ1624年モデル。コルマール/ウンターリンデン博物館所蔵)
チケット料金: 全席自由 2500円 (当日券3000円)
チケット購入: オワゾリール会 info@loiseau-lyre.com  Tel. 072-633-7276(井岡)        
茨木市文化振興財団 Tel. 072-625-3155 www.loiseau-lyre.com/
問合わせ先: オワゾリール会 
*本公演の収益は、日本赤十字社を通じ東日本大震災被災地への義援金とする。
 
プロフィールクリストフ・ルセ Christophe Rousset 
  1961年4月12日、フランスアヴィニョン生まれのチェンバロ奏者、指揮者。古楽アンサンブル <レ・タラン・リリク> 主宰。 すでに少年時代よりバロック芸術に開眼し、13歳でチェンバロ奏者を志す。パリのスコラ・カントルムでユゲット・ドレフュス、ケネス・ギルバートに学んだのち、オランダのデン・ハーグ王立音楽院でボブ・ファン・アスペレンにチェンバロを、クイケン兄弟らに室内楽を、グスタフ・レオンハルトに演奏学を学んだ。198322歳の時、第7回ブルージュ国際チェンバロ・コンクールにおいて1971年のスコット・ロス以来久しく出されなかった第1位を獲得。同時に聴衆賞も獲得して鮮烈なデビューを飾る。その後、ウィリアム・クリスティ率いるレザール・フロリサンの通奏低音奏者として活躍するとともに、独奏者、伴奏者として名だたるバロック・アンサンブル、演奏家や指揮者と活動を共にした。我が国においては寺神戸亮、上村かおりと組んだ東京バロック・トリオが人気を博した。1991年、自らの古楽アンサンブル<レ・タラン・リリク>を創設し指揮者としてデビュー。バロック・オペラの数々の復活上演に力を注ぎ、今やヨーロッパ各地のオペラハウスに欠かすことのできない、フランスを代表する最も多忙なアーティストとなった。また映画「カストラート」の音楽監督としても知られるルセは、古楽奏者としては最も多くCDDVDをリリースしている音楽家の一人。フランス共和国芸術文化勲章オフィシエ、国家功労勲章シュヴァリエを叙勲されている。
 
 「私はいつも日本への強い絆を感じていましたし、
 幸運にもこれまでに5回以上は来日する機会に恵まれました。 今日この時にこそ、私はより一層、みなさんと心を一つにしたいと思っています。 ふたたび来日しチャリティ・コンサートを開くことは、その証です。 クリストフ・ルセ  
posted by Weg at 20:29

2011年04月27日

ゴールデンウィークは休ます営業いたします!!

3日(火曜日)も10:00〜18:00まで営業いたします。
(ゴールデンに働きますよ!!)
振り替え休日といたしまして、9日(月曜日)をお休みさせて頂きます。

そして、コーヒーセミナーのお手伝いに26日(木曜日)は出かけますので、お店は休業いたします。申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

5月の定休日:9日・10日・17日・24日・26日・31日
posted by Weg at 20:28

2011年04月04日

HANSIN.jpgありがとうございます。(HANSHIN LIVING pressbP8)
posted by Weg at 12:57

2011年03月31日

しばらくブログは私自身心の余裕がなくお休みしていました。

私の2件目の修行先は、福島県の飯舘村にある“自家焙煎珈琲 椏久里”というお店です。
地震直後から、福島の知人などの話を聞き、ずっと私に何ができるのか。今だけではなく、ずっと続けていける事はなんだろう。
模索しながら営業をしていました。
考えているときに、地震から17日ぶりに”椏久里”が営業再開しました。お水が飲めないので喫茶営業はお休みして、珈琲豆の販売営業のみです。配達もガソリンを調整して再開したみたいです。
今できる事を精いっぱいやる。逆に強さを教えてもらいました。



このたび東北地方太平洋沖地震によりお亡くなりになった方々へのご冥福をお祈りいたします。
またそのご家族と被災されました皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

(椏久里さんの場所柄、またお休みになることがあるかもしれません。詳しくはホームページをごらんくださいませ)
posted by Weg at 20:49

2011年03月07日

臨時休業

テーマ:日記
3月5日の午後から6日急に臨時休業して申し訳ございませんでした。
急に風邪が悪化してしまい、4日の午後からお店をしめさせて頂きました。
ご来店頂いたお客様・お問い合わせいただいたお客様申し訳ございませんでした。
今日から(7日)また通常営業しております。(明日は定休日です)
今日は、いろんなお客様から声を掛けていただき将来的なお店のありかたについて考えさせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。
(置手紙をくださったお客様ありがとうございます。また土曜日お待ちしています。)
posted by Weg at 20:52